MENU

今、一番苦痛に感じていることを
取り除いて上げることを大切に診療を行います。

診療対象動物

dog
cat
rabbit
rodents 1

お越しいただく際に

ペットの様子やご家庭の情報が多いほど、正確な診断、その動物にあった適切な治療や看護ができますので、些細なことでも構いません。
私どもにお伝えください。

診察の参考になるもの

以下の情報がございましたらご提出ください。
生年月日 / ワクチンの証明書 / 過去の検査結果 / 便・尿・おう吐物などの記録 / 飲ませていた薬 / メモ・資料・健康手帳など..

症状や質問など、ご自宅で簡単にメモに書き留めていただくと助かります。
いつ(日時)、どのような症状が起こったかをお知らせください。

当院は予約制ではありません

基本的に予約なしにて受付していただいた順に診療を行います。
但し、症状や緊急を要する場合は、優先的に診ることもありますので予めご了承ください。

リラックスして自由なキモチでお越しいただけます。
入り口に入っていただくと、ゆったりとした待合室があり目の前に診察室がありますので、とてもスムーズな作りとなっております。
また、大きな窓からは外が一望できますので、中からも外からも病院内の様子が伺えられ、初めての方もリラックスしてお越しいただけます。

first img01

来院時のお願い

first img02

わんちゃんの場合

必ずリードまたはキャリーボックスでお連れください。
待合室より外のほうが落ち着く場合は、その旨を伝えていただければ外でお待ちいただくことも可能です。

first img03

ねこちゃんの場合

必ずキャリーケースに入れるか、洗濯ネットに入れてお連れください。
何も入れずにだっこをして、車から降りたとたんに逃げてしまってもう帰らないというケースもございますので、安全性を考えた上でフタのある入れものにお入れください。キャリーボックスに入りたがらない猫ちゃんの場合、洗濯ネット・座布団カバーのご使用がおすすめです。ねこちゃんにとっても安心感がありますので、精神的に安定しやすいといえます。

first img04

ウサギの場合

必ずキャリーボックスに入れてお連れください。ウサギは、診察の際に性格がそのまま現れます。
例えば、比較的怖がりなウサギは診察台の上でじっとおとなしくしています。興奮するタイプのウサギは飛び降りる場合が多いです。
予め、ご自身のウサギがどのような性格かお伝えいただくとよりその子にあった診療が可能です。

first img05

ハムスターの場合

可能であれば普段飼育しているケージのままお越しください。
排泄や食欲の状態、飼育環境が詳細に把握できますので、普段どおりのままでお越しいただくことをおすすめいたします。
大きなケージでたくさん飼育なさってる場合は、小動物用キャリー・フタ付きの箱に入れてお越しください。また、気温が低い季節は、使い捨てカイロなど暖かい環境でお連れいただきますようお願いいたします。

飼い主のみなさまへ

モラルを守ってご来院ください。
病院の敷地外、特に他人所有の土地ではトイレをさせない様にお願いいたします。また、不注意に入らせない様に目を離さないでください。
これも大切なペットや地域のみなさまのためにご協力お願いいたします。

first banner bg

©2020 株式会社ふせいし動物病院